乾燥肌の悩み・・・肌が弱いと脱毛できない?

乾燥肌の悩み・・・肌が弱いと脱毛できない?

イメージ

脱毛施術後の肌の乾燥については、個人差があります。脱毛処理で肌がキレイになると思っていたのに、肌が乾燥してしまった、もともと乾燥肌なのに、もっとカサカサになってしまった場合には、エステティックサロンやクリニックで相談してみてください。施術時に気をつけてくれたり、施術後のお手入れについてもアドバイスしてくれることと思います。

 

乾燥肌だけではなく、デリケートな敏感肌の人も、光脱毛やレーザー脱毛で肌表面が傷まないか悩み、施術に対して積極的になれない人もいらっしゃるでしょう。

 

もともと皮膚科にお世話になっているなど、肌にトラブルを抱えている人は、できれば医療クリニックなどで、専門医の元、医療レーザー施術をうけたほうが、万一トラブルが起こったときには安心できます。

 

脱毛の肌への影響は?

一般論でいえば、双方とも肌表面に与える影響はそう大きくはないということです。毛根に光を照射するので、光脱毛、レーザー脱毛とも、毛穴が収縮してしまい、皮脂分泌が悪くなるのは確かです。皮脂の分泌がすくない部分は、乾燥を顕著に感じることもあるでしょう。

 

ただし、毛穴が収縮することによって、肌のキメが整い、肌がつるつるになるのも一つの重要な効果でもあります。
施術後の乾燥が特に気になる人は、多めの保湿ケアをすることで、乾燥問題はクリアできると思います。

 

肌が弱くても脱毛はできる

もともと皮脂分泌が多いとされる顔表面などは光脱毛、レーザー脱毛でも問題ないですし、季節的にとくに乾燥が気になる季節でも、光脱毛は施術前にジェルを塗ってもらえますし、レーザー脱毛の場合でも施術者の指示に従うことで、極端な乾燥は防ぐことができます。

 

施術後の肌は敏感になっていますので当日の入浴はできません。ぬるま湯でシャワー程度にして、肌をしっかり休ませてあげましょう。

 

結論からいえば、肌が弱くても、乾燥していても、光脱毛、レーザー脱毛はうけられますし、自己処理で傷んでしまった肌に悩んでいるようなら、ぜひサロンやクリニックでの脱毛施術を受けてみることをおすすめします。


このページの先頭へ戻る