顔脱毛すると乾燥肌になるって本当?顔脱毛の注意点

顔脱毛すると乾燥肌になるって本当?顔脱毛の注意点

イメージ

住居環境や職場環境が整い、季節を問わず、暖房や冷房にさらされる肌は思った以上に乾燥しています。乾燥肌といえば、むしろ体全体の乾燥よりも、顔の肌の乾燥を指す言葉です。それくらい、人々の顔の皮膚の乾燥は進んでいるといってもいいでしょう。

 

ただし、それは一般論に過ぎません、多くの人の肌、とくに顔については、皮脂分泌が他の部位より盛んであることが知られています。ですので、脱毛処理によって、それに輪を重ねるように乾燥が進むということは考えづらいです。

 

そして一時的にですが、毛穴を収縮させる効果があるので、肌のキメを整え、場合によっては美肌効果も期待できるのです。

 

乾燥を防ぐには保湿が重要

エステサロンでの光脱毛には、最初に冷たいジェルを表面に塗っていくことが多いですが、この効果として、肌の乾燥防止と、肌のダメージ防止の2 つの役割があります。

 

肌が乾燥していると痛みを感じやすく、またやけどしやすくなってしまいます。またジェルが冷えていれば、照射によって肌が熱くなったときの、冷却効果も期待できます。
肌の保護に関しては、このように肌を冷やす、また乾燥を防ぎ、保湿するということが大切です。

 

ジェルを使わない脱毛サロンでは、冷却バックで肌表面を冷やしてから施術を行います。顔にも十分にジェルを塗る、または冷やしてから施術しますので、肌の乾燥やダメージを気にしすぎることはないと思います。

 

もし施術後に乾燥が気になるのなら、自主的に保湿力の強いローションやこまめな水分補給によって、肌の乾燥やダメージを最小限にする事が可能ですので、その点は案ずるより産むが易しといったところではないかと思います。

 

心配な場合にはカウンセリングを

また心配な場合は、施術前にカウンセリングで質問し、その対応の仕方で信頼できるサロンやクリニックを選ぶという方法もあります。脱毛サロンでも皮膚科医と提携しているところもありますし、皮膚のことについては何でも相談できます。
脱毛施術を始める際には、ご参考になさってください。


このページの先頭へ戻る